DANNY BRADY

DANNY BRADY

db

intro:

ハイスピードなスケーターもいれば、スムースなスケーターもいる。しかし、その両方を兼ね備えるスケーターは極めて少ない。ダニー・ブレイディこそ、スピードとスムースネスを併せ持つ稀なタイプ。力強いプッシュ、長いライン、そして難しい方向に180アウトできるスキル。どんなスポットにも即興的に対応し、独特な美しいスタイルを誇る。イギリス人スケーター特有の的確なボードコントロールとスムースネス。その落ち着いた物腰がフォトグラファーのジオヴァンニ・レダにイジられることもしばしば。口数は少ないが、スケートが彼の芯の強さを雄弁に語る。イギリス、LA、NYC……どこにいようとも、ローカルのスケートパークやストリートで仲間と笑顔でスケートを楽しんでいる。そして、つねに他人ではなく自分に打ち勝つためにスケートをしている。イギリス人らしく、スケートトリップには欠かさず紅茶セットを持参するのも彼の特徴である。

Interview:

Lakaiで製造中止になってほしくなかったモデルは?
ガムソールのOG Staple。

セッションの後に必ずすることは?
帰宅してすぐに犬を外に出す。家の中をめちゃくちゃにされるからね。

拳を合わせるorハイタッチ?
拳を合わせるよりもハイタッチを好むことをロンドンでは“キャベツ”と言う。

ダニーのメディア露出はツアーのものばかりだけど、家でゆっくりする時間はあるの? それとも動き続けるのが好きなの?
歳とともに家にいるほうが落ち着くようになるけど、1ヵ月もすればどこかへ行きたくなる。

今でもツアーにヨークシャーティー(イギリスの紅茶)を持参しているの?
もちろん。でもアメリカのWhole Foodsにいい紅茶がたくさんあることを最近知った。

地元ブラックプールのスケートシーンについてひと言。
ガキの頃のローカルスポットだったスケートパークが閉鎖してしまったんだ。RIP THE BANDSTAND.

“軽装備で来い”と言われてもツアーに必ず持っていくものは?
たくさんの紅茶、ラップトップ、ソックス、そして少量の洋服。どのみち、毎日同じ服を着ているからね。

深夜のタイマン撮影or仲間と夜遊び?
仲間と夜遊び……PWBC!

レダにイジられているシーンをよく目にするけど、ヤツはイギリス人全員に対してそうなの? それともダニーにだけ?
イギリス人が大好きだというのは確かだね。特にオレ、ポール・シャイア、マーク・ベインズがよくイジられている。ヤツなりの愛情表現なんだよ。あの野郎……。

ロンドンにいるとアメリカにもヨーロッパにも行きやすいということで、LAからギリシャまでさまざまなフッテージを残すことができる。フォトグラファーやフィルマーがいることが前提で、定住してスケートをしたいと思える場所はどこ?
NYかな。ロンドンにはもう7年ほど住んでいて大都市での生活にも慣れている。金銭的な負担はあるけど、なんとかなるものだしね。知る限りNYが唯一ロンドンに似ている街だと思う。そして同時に、まったく違う顔を併せ持つ街だね。

スケーターの本来の姿はビデオパート? それとも生で見るスケーティング?
ビデオパートですべてはわからない。生で素晴らしいスケーティングを見るのが一番だね。

BACK TO TOP